最新記事

『 ハチドリ Café 2019 』のチラシができました

ハチドリCafé2019チラシ

ハチドリCafé2019チラシ


子ども・若者支援交流会&ぎふハチドリ基金2019年度助成事業募集説明会『ハチドリ Café 2019』の開催が決まりました!

「私は、私にできることをしているだけ」(民話「ハチドリのひとしずく」より)
地域にこんな課題があったのか・・・。自分にも、何かできるかな・・・。
そんなことを、皆さんと一緒に考えるのが「ハチドリCafé」です。

キーワードは、「子ども」「若者」「子育て家庭」
ゲストのお話やNPOの実践を聞いたり、参加者同士の交流で、新しい発見や出会いがあります。
地域の課題、子どもや若者を取り巻く問題に関心のある方なら、どなたでも参加できます。
どうぞお気軽にお越しください。

交流会の後に「ぎふハチドリ基金2019年度助成事業募集説明会」も開催します。
助成事業に関心のある方は、ぜひご参加ください。

2019年3月10日(日) 13:30~16:00 垂井町 いぶき苑 別館 地域交流スペース
2019年3月21日(木・祝) 13:30~16;00 飛騨市 古川町公民館 大会議室
2019年3月30日(土) 13:30~16:00 美濃加茂市 総合福祉会館 研修室1
2019年3月31日(日) 13:30~16:00 岐阜市 ハートフルスクエアーG 大研修室
2019年4月6日(土) 13:30~16:00 多治見市 とうしん学びの丘エール 多目的室

各会場の詳しい情報については、後日お知らせします。


詳細および参加ご希望の方はハチドリCafe 2019 チラシ(PDFファイル)をご覧の上、メールまたはFaxでお申し込みください。

NPO法人仕事工房ポポロ「自由市場」のオープン

12月9日、NPO法人仕事工房ポポロが、ぎふハチドリ基金2018年度【A-2】ステップアップ助成事業により準備してきた「自由市場」のオープンニング式典がありました。ぎふハチドリ基金の助成で購入した黄色いテントやJAの助成で買った軽トラックと焼き芋機のお披露目があり、当日の様子は、中日新聞と岐阜新聞にも掲載されました。

2017年度の事業報告書ができました!

NPO法人ぎふハチドリ基金は、2018年6月末に初年度を終えました。
8月21日に通常総会を開催し、2017年度の事業報告を承認いただきました。
法人としては5か月分の活動実績ですが、それらをまとめた報告書を作成いたしましたので、ご覧ください。→PDFファイルでダウンロードできます。
2018年度も引き続きご支援よろしくお願い致します。

2018年度 助成金授与式を開催しました

6月22日に助成金授与式”ぎふメディアコスモス かんがえるスタジオ”にて開催しました。
採択団体の他、寄付者、応援団、ぎふハチドリ基金審査委員、ぎふハチドリ基金役員など、60人以上に来ていただきました。
寄付者の願いと団体への励ましの言葉、団体の寄付者への感謝と活動への熱い思いをお聞きし、心あたたまる会になりました。
ぎふハチドリ基金に託された大切な寄付金が、21の団体の活動に活用されます。
ぎふハチドリ基金も各団体の事業を応援していきます。

会場の様子 審査委員長の講評 採択証授与の様子
会場の様子 審査委員長の講評 採択証授与の様子
【A-1】事業助成採択団体 【A-2】ステップアップ助成採択団体 【B】利用料等軽減助成 採択団体
【A-1】事業助成採択団体 【A-2】ステップアップ助成採択団体 【B】利用料等軽減助成 採択団体
【C】東海ろうきん「物品購入助成」 全員で記念撮影
【C】東海ろうきん「物品購入助成」 全員で記念撮影

ハチドリCafé 2018 開催報告

ハチドリcafe 2018
ぎふハチドリ基金の交流会「ハチドリCafé」を、3/24~4/21に県内5会場(高山、郡上、大垣、多治見、岐阜)で開催しました。
昨年度の助成事業実施団体の活動報告を聞いた後、参加者同士のグループ交流会をしました。
どの会場でも、同じ思いの団体や人との出会いがあり、温かな交流が生まれました。

<参加者アンケートより>

  • それぞれの団体同士で助け合い運営してゆけたら良いなと思いました。イベントなどにもコラボなどしてみたい。
  • 子育てに関する支援をしている団体がこれだけあり、熱心に活動されているのを初めて知りました。
  • 皆さんのいろいろな思いがぎゅっとつまった尊い基金やなと思いました。もっと勉強したい。
  • 普段なかなか交流のチャンスがなく、初めて会う方も多く、活動の様子が聞けて良かった。
  • 子ども達の現状を知るきっかけになりました。何ができるかわかりませんが、考えていきたいと思います。
  • 交流会でいろいろな方の話が聞けて、日頃の狭い世界が広がり、励まされた。
  • 子育て支援等について大変参考になりました。こうした活動に参加できる市民は多いはずだと思います。
  • 身近なところに活動場所があることがわかったし、以前福島の子どもたちをボランティアしたことがあり、岐阜でその後の支援があったことを聞けて良かった。
  • 高齢者から子どもまで地域の中で居場所を作ることの重要性を感じた。
  • これから何をすべきかという疑問に対して、少しは(答えが)解った気がする。
  • グループ交流会では、地元の方々との情報交換ができて有意義でした。
  • いろんな方面から困っている方を支援している方が参加して現状を聞くことができた。初めて参加したが勉強になった。
  • 各団体の活動から見えてくる課題が大変興味深く勉強になりました。行政の支援や制度では届かない活動や視点が多く、それが行政の今後の課題になると思いました。
  • それぞれ特徴的で魅力ある活動で、その中で更に活動の幅を広げることに(基金が)活用されている事がわかりました。
  • 具体的に活動内容がわかりました。今後もぎふハチドリ基金応援団として応援していきたいと思います。