29年度助成事業実施報告B、C

ぎふの未来へひとしずく ぎふハチドリ基金

top-logo-top.giftop-5.giftop-3.giftop-2.giftop-4.giftop-6.giftop-logo-blog.gif

平成29年度助成事業実施報告
【B】利用料等軽減助成

①岐阜キッズな(絆)支援室(岐阜市)
 助成事業名:「てらこや無償塾」への交通費支援事業
 助成額:100,000円
【事業の成果】
 生活困窮家庭の多くが、「てらこや無償塾に通わせたいが、交通費を出すのは負担」と考えていた。特に、バス代は、中高校生は大人料金で、往復で420円もかかるため、毎週参加となると2000円近い費用となり、参加を躊躇するひとり親家庭が多かった。
特に兄弟で参加となると2倍の出費となり、ためらう保護者が多かった。今年度交通費を支給することにより、子どもも保護者もお金の心配がなくなり、安心して通えるようになった。
その結果、塾への参加日数が増え、毎週きちんと通えるようになった子ども達が多かった。毎週通えるようになると、精神的にも学力的にも安定して、学習意欲や学力の向上が見られた。
特筆すべき例として、ひとり親で就学援助家庭の子どもが、高校生になったので小遣いがもらえなくなり、アルバイトで自分の小遣いや家に入れるお金までも賄うようになった子がいる。お金のない家庭にとっては、無料塾であっても、塾に通う交通費がハードルとなる。今回、利用料軽減事業に応募して、「子どもや家庭がお金の心配なく塾に通える」環境整備の重要性を強く感じた。

岐阜キッズな(絆)支援室 facebookページ


②NPO法人ふる里めいほう(郡上市)
 助成事業名:明宝小学校放課後児童クラブ運営事業(利用料補助)
 助成額:60,300円
【事業の成果】
利用料軽減により、2人の子どもがほぼ毎日学童保育を利用できたことで、ひとり親家庭の経済的助けとなり、安心した生活を送ることができました。

NPO法人ふる里めいほう ホームページ

③長良川流域子ども協議会(岐阜市)
助成事業名:長良川っ子集まれ!石徹白の山里で源流の自然を体験しよう(参加費助成)
助成額:32,500
【事業の成果】
 利用料軽減の支援により、経済的に恵まれない子ども達も、参加費を気にせず体験学習に参加する事が出来た。水生調査では、多くの魚や生きものを見つけたり、班の中で、率先して活動する子もおり、どの子どもも他の参加者と仲良く3日間の活動を行っていた。
このように、家庭の環境と子ども達の体験や学ぶ意欲は関係なく、意欲のある子ども達へ機会を提供することの重要性を学ばせていただいた。
利用料軽減対象者の情報流出を防ぎ、他の参加者と区別なく参加できるように配慮した。

長良川流域子ども協議会 facebookページ

【C】東海ろうきん「物品購入助成」

①一般社団法人ぎふ学習支援ネットワーク(岐阜市)
 助成事業名:周知広報及び研修を有効的に推進する事業
 助成額:50,000円(プロジェクター購入費 68,040円)
【事業の成果】
購入したプロジェクターは、ネットワークの参画団体や連携団体に無料で貸し出しをしている。各団体の色々な行事に活用できている。
年度末に高校入試のための面接練習など、具体的な学習支援の場所での借用実績が上がった。これからも子ども達を対象とした「支援」「行事」の折に貸し出せるように周知したい。

一般社団法人ぎふ学習支援ネットワーク facebookページ
ホームページ

②NPO法人思い出の絵本展(飛騨市)
 助成事業名:出前絵本展
 助成額:47,611円(大型絵本5冊購入費)
【事業の成果】
助成金で購入した大型絵本を夏の「ぐるっと町ごと絵本館」や「絵本展」などイベント時に読み語りをしたところ、内容が良いのと大きな絵本で見やすいことから、多くの親子、特に「お母さん」の心に響いて、涙してくださり、感動を与えることができた。これからもいろんなイベント等に出前絵本展で参加し、大型絵本で楽しんでもらうできることができる。

NPO法人思い出の絵本展 ホームページ