スペシャルサポーター 粥川なつ紀さん

ぎふの未来へひとしずく ぎふハチドリ基金

top-logo-top.giftop-5.giftop-3.giftop-2.giftop-4.giftop-6.giftop-logo-blog.gif

ぎふハチドリ基金スペシャルサポーター 
粥川なつ紀さん
勝川なつ紀 写真.jpg<プロフィール>
粥川 なつ紀(かゆかわ なつき)
岐阜市生まれ。13歳からサックスを始め、数々のコンクールで金賞・最優秀賞を受賞。2002年から野々田万照氏に師事。ジャズを基本にしながら、既存の音楽ジャンルにとらわれない「アーティスト」としての活動を展開。2008年から市民ジャズ・ビッグバンド「楽市JAZZ楽団」講師。2010年、NHK-FM「FMトワイライト」レギュラーパーソナリティとして3年担当。2012〜16年に「涸沢フェスティバル」にゲスト出演。楽器持込みが困難な2,300mの高山でのライブを実現しNHK-BSプレミアム「にっぽん百名山」にてオンエア。タイ王国王女による「教育支援プロジェクト」のチャリティ・アルバムに世界各国18名のサックス奏者と共に参加。プミポン国王作曲のレコーディングを行い2016年ワールド・リリース。これまでに合計4枚のオリジナルアルバムと1枚のDVDを発表、ダウンロードランキング首位を2度獲得し海外での演奏も行う。音楽により子どもの感性を豊かに育むことをライフワークと捉え、全国の幼・小・中・高校や医療・福祉施設でのコンサートには特に重点を置いて活動中。ソロデビュー10周年記念アルバム「LIFE」をリリース。チャンネルCCN生放送番組「金9」レギュラー出演するなど人気実力ともに兼ね備えた女性サックス奏者。
・着ジャズダウンロードランキング1位 受賞
・NTTdocomo NOT-TV「music にゅっと。」グランドチャンピオン受賞
・社会福祉法人いぶき福祉会「りすのほっぺ」アンバサダー
・チャンネルCCN制作番組「ギフ音製作所」レギュラー出演
・平成26年度岐阜市芸術文化奨励賞 受賞


<ぎふハチドリ基金との関わり>
ぎふハチドリ基金の創設間もない頃、岐阜県立図書館に置いてあったチラシを手に訪ねてきてくださったのが出会いです。
基金の名前が、粥川さんの曲「Hummingbird(ハミングバード)」と同じ「ハチドリ」だったことがきっかけで、「ぎふハチドリ基金」に関心を持っていただきました。機会あるごとに、粥川さんが出演されるコンサートでお客様にチラシを配布してくださったり、PRイベントに来ていただいています。
粥川さんからの応援メッセージ:
「“音”には言葉にならない声を解きほぐす力があると信じています。たくさんの子ども達の今と未来の笑顔につながりますように。」