つむぎの森(ぎふハチドリ基金)

ぎふの未来へひとしずく ぎふハチドリ基金

top-logo-top.giftop-5.giftop-3.giftop-2.giftop-4.giftop-6.giftop-logo-blog.gif

第3期参加団体報告 

NPO法人つむぎの森

目標額 270,000円
集まった寄付金額 47,555円
寄付募集の事業内容

252.jpg140720_141528 (1).jpg
事業の活動報告
・月別活動回数及び参加人数
  3月(じゃがいもの種芋堀り・ハーブ種まき・畝作り)・・・4日間、13名参加
  4月(キャベツ、ブロッコリー、トマトの苗植え・畝作り)・・・8日間、29名参加 
  5月(ナス、へちま、きゅうり、モロヘイヤ、落花生の苗植え)…6日間、25名参加 
  6月(トマトの苗植え・雑草とり・収穫・販売)・・・8日間、25名参加 
  7月(雑草とり・収穫・販売)・・・9日間、29名参加 
  8月(ブロッコリーのマルチ張り・雑草とり・収穫・販売)・・・5日、15人
・6月より、自分たちの手で収穫した野菜を、ハチドリ基金の寄付金で購入したテントの下で、実際にお客様を相手に販売するという貴重な体験をしました。
・販売体験をしたことで、日々の作業で感じたことや、売上を形として残す「作業日報」を作製し、データとして残すことができました。
・作業日報を記入することで、その日の振り返りができ、よりスムーズにお客様に対応できるよう、自ら考え行動し、積極的に畑作業に関わろうという姿がみられました。


寄付金の使い道
現在の野菜直売所では、つむぎの森の名前は宣伝されていません。いただいた寄付金で、つむぎの森の名前の入ったのぼりや、カッテイングシートでロゴマークをつくり、今後のPRのために活用させていただきます。


寄付者へのメッセージ
つむぎの森の畑は、単に野菜を作って売るだけの場所ではなく、野菜を通じて人と自然が触れ合う中で、誰もが参加でき、ホッとできる交流広場をつくりたいと思って活動しています。これまでは、設備も不十分だったため、つむぎの森の名前を挙げての活動を控えてきましたが、今回寄付をいただいたのを機に、多くの人たちに宣伝をし、より多くの方々にきていただける場にしたいと思っています。近くにお立ち寄りの際にはぜひお立ち寄りください。

第2期の報告


NPO法人コミュニティサポートスクエアはハチドリフレンズになりました。
第2期、第3期と団体指定寄付に参加された「NPO法人コミュニティサポートスクエア」を、
ぎふハチドリ基金は、「ハチドリフレンズ」として、応援します。
詳しくは、ハチドリフレンズ紹介ページへどうぞ!