Mama's Café(ぎふハチドリ基金)

ぎふの未来へひとしずく ぎふハチドリ基金

top-logo-top.giftop-5.giftop-3.giftop-2.giftop-4.giftop-6.giftop-logo-blog.gif


ぎふハチドリ基金第1期団体指定寄付参加団体。
第1期の寄付期間は終了しました。ご支援ありがとうございました。

ファミこどもカラー.jpg岐阜県多治見市で活動をはじめて今年で11年目を迎えます。「この街多治見で子育てするのが今よりちょっと楽しくなる」そんなコンセプトのもと新しい子育て支援のカタチを提案し続けています。

一番の特徴は Mama‘s Caféは働くスタッフ全員が子育てママであり、その基本コンセプトは「子供を親類や施設に預けて働くのではなく、子供と一緒に働ける場」として運営することです。子育て支援の分野といえども「変化への対応」をいつも心がけ、今の子育てママが必要としていることを敏感に感じ取り、事業化しているのがMama‘s Caféです。

事業の目的と内容
平均初婚年齢があがったこと、結婚しても仕事を続ける女性が増えたことなどで、高齢出産のパーセンテージは年々高くなっています。厚生労働省の統計によれば、35歳以上の出産は全体の16%までに上がっています。

高齢出産は、身体的負担などリスクばかりが強調されますが、経済的・精神的に余裕ができてから子育てができるとなど、社会的には必ずしもデメリットばかりではないということも増えている理由と考えられます。今後もこの傾向は続き増加すると考えられます。しかし、全体の16%という少数派には変わりなく、若い世代との隔たりを感じ、孤立した子育てになりがちなのが現状です。

真面目なアラフォー世代は、理想通りにならない子育てに「ママうつ」「虐待」などの問題をはらんでいます。そこで、本事業では高齢出産ママ世代の子育て支援を目的として、以下のことを行います。

◇「アラフォーママのおしゃべりサロン」の運営
◇乳幼児親支援プログラム「Nobody Perfect(完璧な親なんていない)」連続講座の開催
◇子育てが困難な家庭へのファミリーサポートを活用した直接支援

期待される効果
◇「アラフォーママのおしゃべりサロン」では気軽に同じ境遇のママが集まる場を提供することができます。
◇乳幼児支援プログラム「Nobody Perfect(完璧な親なんていない)」では、より深い親同士のつながりと問題解決能力を身につけることができます。
◇上記2つのプログラムの中で、子育てが困難とされるケースを抽出することができます。
◇具体的な支援が必要とされるケースに関しては、直接支援を行うことによって孤独な育児・閉鎖的な環境から引き起こされる重篤な事態を回避できます。

メッセージ
厚生労働省の統計によれば、35歳以上の出産は全体の16%にまで上がっています。
社会で頑張って働いてきた女性・欲しくてやっとできた妊娠。精神的にも体力的にも大変な中、ひたむきに一生懸命子育てをするアラフォーママを社会で応援しましょう!

第1期終了後の報告
ご寄付を頂き、ありがとうございました!
◇「アラフォーママのおしゃべりサロン」を12/4(火)・2/22(金)の2回実施しました。気軽に同じ境遇のママが集まる場を提供することができました。
◇ Perfect(完璧な親なんていない)」乳幼児親支援プログラムを実施しました。1/29~3/5まで毎週火曜日、合計6回を実施 16組の参加となりました。より深い親同士のつながりと問題解決能力を身につけることができました。




団体情報

名称 特定非営利活動法人 Mama‘s Café
法人設立年 2004年

住所

〒507-0041
多治見市太平町2-39-1

ホームページ

http://www.mamascafe-plus.com/

主な対象

・高齢出産ママ(アラフォーママ) ・孤独な育児をするママ ・うつなどの悩みを抱えたマ

目標額

984,800円

集まった寄付金額

3,731 円(2/28現在)





音符キャラ.jpg