ぎふハチドリ基金について

ぎふの未来へひとしずく ぎふハチドリ基金

top-logo-top.giftop-5.giftop-3.giftop-2.giftop-4.giftop-6.giftop-logo-blog.gif

ぎふハチドリ基金について

hachidori-top.gif

ぎふハチドリ基金創設にあたって
経済格差、地域格差、社会的孤立…、多くの大人が生きづらさを感じている今の日本社会。地縁・血縁・社縁の消失により、地域や企業でのセイフティーネットは崩壊し、非正規雇用に代表される不安定な雇用と経済的困難、心の病気の増加等々、多重的かつ多様な問題を抱える人々が急増している。

 ぎふNPOセンターは、2012年3月より開始した社会的包摂関連3事業(寄り添いホットライン、パーソナルサポートセンター、社会的居場所づくり)で、毎日、昼夜を問わず、複合的問題を抱えた人々の止むことのない悲鳴に耳を傾けてきた。こうしたサービス利用者の中には、幼少時から、経済的な困難や障がいを抱えていたり、家庭や社会環境に恵まれず、周囲の支えや必要な公的支援が得られなかった人たちが少なくない。
 実際、2011年度に、本ファンド構築のために行った子育て支援に関する調査によっても、経済的に困難を抱える子育て家庭や発達障がい児を持つ家庭に対する支援が不足していたり、公的制度の隙間で支援が得られていない課題が多くあることが分かった。
 子ども若者や子育て家庭が抱える困難を早い時期に解決することは、子ども・若者のその後の人生を明るくし、今、社会が抱えている課題の解決につながると考える。

 これらの公的制度が整っていない課題に対して、迅速に、きめ細やかに支援できるのは、地域で活動するNPOであるが、規模の小さいNPOは常に資金不足の状態である。
子ども若者、子育て家庭に関する様々な活動を行っているNPOに、不足する資源(資金)を提供し、これらのNPOが提供するサービスがより円滑に行われるよう、地域社会全体で補完していくことが不可欠であると考える。
 「ぎふ子ども若者・子育て市民ファンド」は、市民の力で地域のNPOの活動を支える仕組みとして、新しい公共という枠組みの中で創生するものである。

2012年7月11日 特定非営利活動法人ぎふNPOセンター

ぎふハチドリ基金の歩み

2011年10月~2012年3月 市民ファンド創設のためのニーズ調査実施(岐阜県委託事業)
2012年3月~2013年3月  市民ファンドの創設支援事業実施(岐阜県新しい公共支援事業)
2012年10月1日 ぎふ子ども若者・子育て市民ファンド「ぎふハチドリ基金」創設
2012年10月1日~2013年2月28日 第1期団体指定寄付募集 →過去の参加団体一覧
2012年10月1日~2013年3月10日 平成24年度特定事業助成実施 →助成団体と事業について
2013年5月 平成24年度(2012年度)報告書発行
2013年8月1日~2014年2月28日 第2期団体指定寄付募集 →過去の参加団体一覧
2014年2月1日~2014年8月31日 第3期団体指定寄付募集 →過去の参加団体一覧
2013年4月1日~2014年3月10日 平成25年度特定事業実施 →助成団体と事業について
2014年5月 平成25年度(2013年度)報告 →ぎふハチドリ基金通信第10号
2014年8月1日~2015年2月28日 第4期団体指定寄付募集 →第4期団体指定寄付参加団体一覧
2014年4月1日~2015年3月31日 平成26年度特定事業実施 → 平成26年度特定事業の報告
2015年4月1日~2016年3月31日 平成27年度助成事業実施 → 平成27年度助成事業の報告
2016年4月1日~2017年3月31日 平成28年度助成事業実施


hachidori.png